大会概要

大会テーマ 「共生社会を目指した発達支援を考える」
日時 2016年8月27日(土)・28日(日)
会場 京都教育大学
〒612-8522 京都市伏見区深草藤森町1
※会場には駐車場はございません。
※会場内は指定場所を除き禁煙です。喫煙は指定場所でお願いします。

主な日程(予定)

受付

8月27日 9:00~18:00、8月28日 9:00~16:00

特別講演

①田中裕一(文部科学省) 8月27日(土) 15:00~16:00
「特別支援教育の現状と課題 ~合理的配慮の提供を中心に~」
②村井俊哉(京都大学精神神経学教室) 8月28日(日) 11:00~12:00
「社会性の脳科学」

大会委員長講演

郷間英世   8月27日(土) 10:00~11:00
「幼児期の発達評価の現状と課題」

学会企画シンポジウム

8月27日(土) 13:00~15:00
「障害児(者)支援の新たな動向-教育・医療・福祉・労働分野について-」
教育 名古屋恒彦(岩手大学)
医療 塩川 宏郷(筑波大学)
福祉 竹之内章代(東海大学)
労働 若林 功 (昭和女子大学)

実行委員会企画シンポジウム

①「京都の特別支援教育現場の実践」 8月27日(土) 15:00~17:00
鋒山智子、奥村康枝、出野理恵、高間恵美子、長岡明子、石原廣保(京都府・京都市教諭)
②「特別支援教育:これまでの10年,これからの10年」 8月28日(日) 10:00~12:00
相澤雅文(京都教育大学)、奥住秀之(東京学芸大学)、田中敦士(琉球大学)、赤木和重(神戸大学)、井澤信三(兵庫教育大学)、海津亜希子(特別支援教育総合研究所)
③「インクルーシブな社会を目指して」 8月28日(日) 14:00~16:00
佐藤克敏(京都教育大学)、牛谷正人(滋賀県社会福祉法人グロー)、野口直樹(長野県社会福祉法人高水福祉会)、片桐公彦(新潟県社会福祉法人みんなで生きる)、肥後祥治(鹿児島大学)

実践・研究レクチャー(教育講演)

①玉村公二彦(奈良教育大学) 8月27日(土)11:00~12:00
「共生社会と障害者権利条約-障害のある人たちの社会参加を考える」
②奥村智人(大阪医科大学LDセンター) 8月27日(土)13:00~14:00
「視機能と学習障害」
③山田定宏(京都府立向日が丘支援学校) 8月27日(土)14:00~15:00
「京都の重度・重複障害児教育30年」
④岡田俊(名古屋大学) 8月27日(土)16:00~17:00
「自閉症スペクトラムと薬物療法」
⑤Jasper L Larsen(デンマーク福祉施設Kærbygård) 8月27日(土)17:00~18:00
「デンマークにおけるICFを基盤とした自閉症成人支援」
⑥神尾陽子(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所) 8月28日(日)10:00~11:00
「乳幼児期からの発達支援」
⑦木部則雄(白百合女子大学) 8月28日(日)13:00~14:00
「発達障害とこころの発達 -精神分析の視点から-」
⑧森脇勤(京都市教育委員会) 8月28日(日)14:00~15:00
「特別支援学校高等部職業学科の地域との協働によるキャリア開発」
⑨井上雅彦(鳥取大学) 8月28日(日)15:00~16:00
「発達障害児のペアレントトレーニング」

自主シンポジウム

8月27日(土)13:00~15:00、15:00~17:00
8月28日(日)10:00~12:00、13:00~15:00

ポスター発表

8月27日(土)14:00~16:00
8月28日(日)10:00~12:00、13:30~15:30

ページの先頭へ